スポンサーサイト

カテゴリー:スポンサー広告記事編集

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
│posted at --:--:--│
2006年01月07日(Sat)

欧州ギルドが閉まった日

カテゴリー:WT記事編集

正確には閉鎖は昨日でしたが、まぁそれはそれとして。
遂にリンクを外された「依頼一覧」がとても切ない今日この頃。
そんなタイミングでサラサが参加していた「☆『暁の樽』盗賊団☆」のリプレイが返って来てました。

樽被った盗賊団を樽被って退治しようという依頼(はしょりすぎ
姐さんはテーマソングを作って無愛想ながら凄くノリノリ。
流石に王国歌劇団にいただけあってヒーローノリはバッチリです。
リュート掻き鳴らして熱唱するわ、敵の一人を伝助と間違ってみるわ、割とやりたい放題でした。
特に後者はあそこまでダイレクトに通るとは思わなかった。
これは家宝にしなければ(ぇー

【未来への架け橋】シリーズの最終回で綺麗に終わるかと思いきや、ラストは樽。
ある意味とてもうちのキャラらしい締めですな。
姐さんは余程気が向かない限り欧州残留なので、これが実質最後の依頼でしょう。
霜月MS、最後にナイスなリプレイをありがとうございました。


以下、ノリで書いてしまった「☆『暁の樽』盗賊団☆・後日談」。
-----------------------------------------------------------------
──神聖暦1001年1月某日。

 その日、ドレスタットの冒険者街・シアン通り42番地は非常に慌しかった。
 ガタンゴトンと大きな物を動かす音が続き、時折ギャーという鳥の鳴き声と、住人であるらしき男の声がそれに混じる。

「あーもー雷太、それ持ってっちゃ駄目っすよ~」
「ギャー」
ゴトゴト ガタガタ

 そんな家主VS鷹のエチゴヤマフラー争奪戦は、ふいに聞こえたノックの音で幕を閉じる。赤毛の家主──以心 伝助は、宝物であるマフラーを一旦諦めて、来訪者を迎える為に玄関へと向かった。


 「黒わんこ小屋」と書かれた木片が無造作に立て掛けられているその家は、普段は静かな冒険者街に騒音を撒き散らしていた。
 その玄関前に立った銀髪の女性──サラサ・フローライトは「奥まで聞こえるだろうか」と疑問に思いながらもドアを数回ノックする。
 幸い、中の住人は耳の良い方だったらしく騒々しい音がピタリと止まった。そして1分も経たない内にドアは開いた。


 部屋の中は強盗でも入ったのか、と聞きたくなるくらいしっちゃかめっちゃかだった。あちこちに武器やら防具やら、はたまたよくわからない物が散乱している。その部屋の隅では鷹の雷太が得意げに戦利品を咥えていた。
「荷造りの途中だったのか?」
とサラサが問うと、肯定の返事が返って来た。
「邪魔してすまんな」
と言うと、今度は否定の返事が返って来た。
「急ぎじゃないっすから別に構わないっすよ。で、今日は一体どうしたんで?」
「ああ、一つ聞きたい事があってな」
なんでしょう?と首を傾げる伝助にサラサが一言。


「お前、盗賊団に『やんす語』を教えなかったか?」


沈黙。


「……はい?」
 わけがわからない、という風な伝助に気付いてるのかいないのか、サラサは更に続ける。
「それとも9人程生き別れの兄弟がいたか」
やっぱりわけがわからない。口にこそ出さなかったが、伝助の顔には思い切りそう書いてあった。

「と、とりあえずどちらも覚えが無いんすけど……」
やっとの事でそれだけの言葉を搾り出す。
「そうか」
なにやら「では全くの偶然か。世の中は広い」などとブツブツ呟いていたサラサは一応納得したらしい。
「了解した。邪魔をしてすまなかったな」
と相変わらずの無愛想でしゅたっと手を上げ、来た時と同じく唐突に帰っていった。


 嵐(?)の去った家の中、しばし頭を捻っていた伝助がふと部屋の隅に向き直る。
「……雷太」
急に話しかけられて雷太はケー?と一声鳴いた。
「『やんす語』ってなんでしょう?」
この場にツッコミ属性を持つ者がいれば「そこかい!」と即座にハリセンアタックが来そうな物だが、生憎不在なのでそのままほったらかしである。


結局、この日はその疑問の解明に半日を費やしたお陰で、伝助の引越し準備は全く進まなかったとか。
-----------------------------------------------------------------
ゴーイング・マイウェイな姐さんと、それに振り回される伝助。彼らの日常は割とこんな感じ。
スレッドテーマ:AsuraFantasyOnline ジャンル:オンラインゲーム
 
│posted at 11:41:20│ コメント 0件トラックバック 0件
■この記事へのコメント
■この記事にコメントを書く。




 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
■この記事へのトラックバック
■この記事へのトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。